セールスライティングとは?


セールスライティングって
聞いたことありますか?

あまり聞きなれない言葉かもしれません。

セールスコピー」と呼ばれるもので、
簡単に説明すると、広告で商品・サービスを
売るための文章で、読んだ人に
反応・行動を促すためのコピーです。

ライティング

文章自体が、セールスコピー、
コピーを書くことを、セールスライティングと言います。

ここで、よく間違われるのが、
キャッチコピーです。

キャッチコピーは、普段からよく目にすると思います。

例えば、某鉄道会社の、
「そうだ、○◯に行こう」
みたいなやつ、ありますよね。

企業のブランディング向上のために使われます。
イメージアップのための広告なので、
「イメージ広告」とも呼ばれます。

テレビCMや、駅などポスターに使用されていて、
一度聞いたら忘れられないものが、たくさんありますよね。

セールスコピーと、キャッチコピーの一番の違いは、
直接行動に訴えるものかどうかです。

キャッチコピーは、印象には残るものの、
直接行動には訴えません。

一方で、セールスコピーは、直接行動に
訴えるものでなければいけません。

読んだ人が、すぐに欲しくなる、
行動したくなるようなコピーです。

また、キッチコピーは鋭い短文が多いですが、
セールスコピーは、かなりの長文になることが多いです。
数千文字から、数万字になることもあります。

Webの通信販売などでも、よく使われていますよね。

きっと、あなたも一度くらいはセールスコピーを読んで、
購入してしまったか、クリックしかけたことあるはずです。

そんな優秀なセールスコピーに出会ったら、
自分がどこに魅かれたのかを、見直してみましょう。

あなたのセールスのヒントになるかもしれませんよ。

『売上アップ発想法』無料公開中!

売上アップ発想法

カテゴリー
最近の投稿
よく読まれている記事