商品が売れる仕組みをつくる


あなたは、お客様にいきなり商品を
売ろうとしていませんか?

お客様は自分の抱える問題を
解決してくれる商品を探しています。

そして、そのお客様には、4つの段階があります。

①無知
→問題に気がついていない

②無関心
→問題解決の必要性を感じていない

③検討
→問題の解決方法を検討している

④最終評価
→自分のニーズを満たしてくれるものを探している

④最終評価にいる顧客は、
もうすでに商品を探しているので、
どの商品が自分にとって適切かが判断基準となります。

つまり、商品の特徴だけがわかれば、
購入となります。

一般的なターゲットは、③検討の段階にいる層です。
ここにいるのは、自分の抱える問題が何かはわかっています。
それを解決してくれる手段、商品の購入を検討しています。

ポイントとなるのは、
①無知、②無関心にいる層です。
ここにいるのは、商品の購入検討どころか、
自身の問題にすら気がついていません。

ここが、一番おいしい層なのです。

この人たちに、実はこんな問題抱えていませんか?
そして、問題に気づかせることができれば、
あなたの競合よりも、有利な状態にたつことができます。

今は、まだ必要性を感じてはいないが、
近い将来、購入客になりそうな人を集める。

そうして、抱えていそうな問題と、
その解決策をもっていることを提示すると、
お客様の方から、売って欲しいと
言ってくれるようになります。

お客様を教育して、購入してもらうと、
高い確率で、リピーターにもなります。

教育することで、信頼関係が築けます。

あなたとの信頼関係ができれば、
あなたが掲示した解決策、
商品を買ってくれるようになります。

こうやって、商品を売る仕組みができれば、
あとは、ある程度、自動的に商品を
買ってくれるようになります。

いきなり商品を売ろうとはしないで下さい。
特に高額商品なら、尚更です。

まずは、お客様になりそうな人を
集めることから始めてみてください。

『売上アップ発想法』無料公開中!

売上アップ発想法

カテゴリー
最近の投稿
よく読まれている記事