今さら聞けない!?マーケティングの意味。


マーケティング

先日、交流会に参加しました。

そこで、初めて会った方にご挨拶。
私のビジネスについて聞かれたので、
答えていると、

「ところで、マーケティングってなんですか?」

って、聞かれました。

その方も、マーケティングという言葉を
初めて聞いたわけでもないと思います。

なんとなくは知っている。
でも、詳しくはわからないということでしょう。

また、別の場では、

「あ〜、広告をやっているのね」
と言われたこともあります。

まあ、間違いではないですけどね。

マーケティングという言葉を
全く知らないし、聞いたこともないという人はいないでしょう。

 

マーケティングの定義

公益社団法人日本マーケティング協会は、次のように定義しています。

マーケティングとは、企業及び他の組織がグローバルな視野にたち、顧客との相互理解を得ながら、公正な競争を通じて行う市場創造のための総合的活動である。

参照リンク:

https://www.jma2-jp.org/jma/aboutjma/jmaorganization

 

ピータードラッガは、「マネジメント」の中でこのように述べています。

マーケティングの理想は、販売を不要にすることである

 

誰かが必死にセールスをしなくても、顧客から「これが欲しかった!」

と、言わせるのが理想のマーケティングです。

その時に顧客は始めて、財布の紐を解き、その価値に対する対価を支払ってくれます。

 

そのためには、見込み客が「何を欲しているのか、何を望んでいるのか」を、知る必要があります。

見込み客は欲しているのは、「自分の悩みを解決してくれるものは何かということです。

例えば、ダイエット商品であれば、そのダイエット商品自体が欲し訳ではありません。

ダイエットサプリや、メソッドなど様々な商品がありますが、そのモノ自体が欲しいのではないのです。

そのサプリやメソッドを使って手に入れることができる、自分の将来が欲しいのです。

引き締まった逞しい筋肉や、モデルのようなスタイルになった自分の将来が想像でき、「これが私の悩みを解決してくるものだ!」となったときに、人は財布を開きます。

 

見込み客が自然に買いたくなる状態をつくるためには、適切なターゲットに向けて情報発信をしていくことが大切です。ターゲットは一体誰なのか、そのターゲットはどこにいるのか。

この一連の流れ。

商品の開発から、ターゲットの選定、そこに向けた広告宣伝・検証までのプロセスを、一貫して計画して実行・管理すること。

この「商品・サービスが売れる仕組みづくり」のことをマーケティングといいます。

 

売れない時に、すべきこと

もう一度いいます。

売れる仕組みづくり」は、

①誰に
②何を
③どこで売るか

この3つを組み立てることです。

3つが揃っていないと商品は売れません。

あなたの商品・サービスでもし売上が伸びないようなときには、この3つについて、もう一度よく見直してみてください。

 

見込み客ターゲットの選定は適切か?

見込み客は具体的に絞り込まれているのか?

商品は見込み客の悩みを解決できるものか?

見込み客がいそうな場所、見そうな場所に広告・宣伝はできているか?

 

これを見直し、改善していくだけでも商品の売上は変わっていきます。

 

それでも、売れない時はどうする?

その時は...

その商品の販売をやめる。

実際に、ダンケネディはどうやっも売れないものは、捨てて別の商品の販売にいったそうですよw

『売上アップ発想法』無料公開中!

売上アップ発想法

カテゴリー
最近の投稿
よく読まれている記事