【起業初心者向け】セールスの罪悪感を失くす方法


セールスに罪悪感を感じる
 
「セールスをするのに罪悪感を感じる…」
 
あなたはこう感じたことありませんか?
 
これは、特に起業したての方に
よくある悩みです。
 
なにか押し売りしているような気がして、
お金をとるのに、罪悪感を感じたりする…
 

そんな時は、こう考えてください。

 
このクライアントには助けが必要。
このクライアントの悩みを解決できるのは、
自分のサービスしかない!
 
 
 
そのサービスを提供するには
あなたは労力が必要になります。
 
労力の対価としてお金が発生するのは当然のことです。
 
また、サービスを構築するまでにも、
相当な時間と労力が発生しているはずです。
 
本やセミナーなどへの投資もしているでしょうから、
その対価をいただくのは当然のことなのです。
 
起業した最初の頃は
モニターという意味含め、
無償でサービス提供することもあるかもしれません。
 
無償は極力避けましょう。
 
無償の場合、クライアントも真剣にならないので、
効果が出にくくなります。
 
クライアント側からしても、
効果があった方がいいので
やはり有償にすべきです。
 
1000円など少額でも構いませんので
しっかりとお金をとりましょう。
 
継続した方が効果が出るサービスであれば、
一定期間の継続をパッケージ商品にして
販売しましょう。
 
その方が、クライアントのためになるのです。
 
 

ある有名なマーケッターはこう言いました。

 
「お金を稼ぐだけでは、稼げない。
 仕事として人を助けたい、
 そしてその仕組みを手に入れたい。」
 
 
 
人を助け、人を幸せにできる
それを仕事にできることは
とても素晴らしいことですよね。
 
あなたは人に影響を与えることができます。
あなたのサービスで助けられる人がいるのです。
 
あなたのサービスで解決できる悩みを持つ人を
見つけたとき、
あなたは自分のサービスを提供すべきなのです。
 
そうすることで、その人は救われるのですから。
 
クライアントのことを思えばこそ、
お金をいただいた方がいいのです。
 
たくさんの人を助けるために
より多くの方にあなたのサービスを
勧めてくださいね。
 
あなたならできます!
 
 

 

『売上アップ発想法』無料公開中!

売上アップ発想法

カテゴリー
最近の投稿
よく読まれている記事