あなたの商品・サービスは誰に売る?


あなたの扱っている商品・サービスは
誰に対してのものですか?

これ、結構、あいまいになっていること多いです。

よくあるのは、10人の人がいたら
10人全員に訴求できるようにしたいと思うこと。

その気持ち、よく分かります。

誰だって、一人でも多くの人に、
その商品の良さを知ってもらいたいと思いますよね。

でも、それ誰もがやってしまう間違いです。

ターゲットは絞った方が良いです。
マーケティングの世界では、そのターゲットのことを
ペルソナといいます。

ペルソナは、より具体的に決めること。

性別、年齢、職業、家族構成から、
趣味、休日はどう過ごすのかなど、
日常生活の様子まで。

理想のお客様像をハッキリと決めます。

実在する人物で、それに近い人がいたら、
その人でもいいです。
その方が、イメージしやすいかもしれませんね。

ペルソナ(理想のお役様像)が決まったら、
その人物だけが欲しいと思ってもらえるように、
商品・サービスを売ります。

1人だけだと、後の人たちに響かないんじゃないの!?
って、思われるかもしれません。

でも、その方が売れます。

そのペルソナには、もちろん、
ペルソナに近い人、周辺の人にも必ず響きます。

多くの人に訴求しようとすると、逆に誰にも響きません。
アピールが、ぶれてしまいます。

あなたの商品・サービス毎にペルソナを一人決めて下さい。

あとは、そのペルソナが欲しいって
思えるように売るだけです。

『売上アップ発想法』無料公開中!

売上アップ発想法

カテゴリー
最近の投稿
よく読まれている記事