飲食店の顧客属性での、こんな間違い


あなたのお店に来るお客様、
どんな人が多いですか?

40代のサラリーマン?
20代のOLさん?

疑問

ほとんどの方が、
こういった属性で分けています。

でも、それ間違いなんです。

ひと昔前までは、それで良かったのですが、
今は属性だけでは、分けることができません。

あなた自身も、きっとそうだと思います。

例えば、仕事仲間と軽く一杯やるときと、
大切な人と、大切な時間を過ごすとき、
また、場合によっては一人でゆっくり飲みたいとき、
それぞれ状況によって、使う店がかわるはずです。

飲食店だけでは、ありません。

40代サラリーマンがターゲットといっても、
いろんな40代がいます。

情報が、たくさんあふれている現代社会、
消費者にも、たくさんの選択肢があるのです。

つまり、属性だけではなく、利用シーンや
利用状況に応じたターゲットをみないと
いけないということです。

飲食店であれば、40代のサラリーマンだけではなくて、
40代のサラリーマンが部下と仕事帰りに、
気軽にコミュ二ケーションをとれる場所など。

おそらく会計は、上司がもつことになるでしょう。
そうした場合、価格設定はどれくらいであれば、
気軽に連れていけるのかとか、

話すことが中心になるでしょうから、
つまみの種類が多い方がいいとか、

仕事終わりでお腹が空いている部下に
食べさせたいメニューは何かとか、

どんな接客をしたら、喜んでくれるかとか、

利用シーンを想定すれば、それに合った
いろんなアイデアがでてくるはずです。

また、店のコンセプトもブレずに
一貫したものになります。

もし、あなたのお店のターゲットが属性だけで
決められているようであれば、
そこに利用シーンや、どんな場面でつかってもらいたいのか
といったものを加えてみてください。

あとは、それに合ったメニュー・オペレーションの設定をし、
そういった人たちがいそうな場所に広告宣伝をおこなうだけです。

これだけでも、必ず効果が現れます。

『売上アップ発想法』無料公開中!

売上アップ発想法

カテゴリー
最近の投稿
よく読まれている記事