あなたのお店では、無駄な値引きをしていませんか?


先日、あるチェーン居酒屋さんに行きました。

そこは、ビールとハイボールがとても安いお店。
でも、お会計を見て、ちょっとだけビックリ。

安いお店の印象が強かったのですが、
会計は普通の居酒屋さんを同じくらいでした。

会計

まあ、それでも十分安いし、料理もお酒も
美味しかったので、全然不満はありません。

改めて、メニューをよくみてみると、
安いのは、ビールとハイボールだけで、
その他のメニューは、普通の居酒屋さんと
変わらない価格でした。

誰に聞いても、その居酒屋さんは安いって言います。
そんなことないんですけどね。

売り方が上手いなと思いました。

さて、ここで注目したいのが、商品の分け方です。

このお店では、ビールとハイボールの値段を極端に下げて、
お客様に安いというイメージを持たせてます。

そこで、来店してもらい、他の商品では、
しっかりとお金をとって、出来上がりは
それなりの単価になっている。

集約商品と、利益商品を使い分けています。

この集客商品のことを、フロントエンド
利益商品のことを、バックエンドと言います。

後ろにバックエンドがあって、
そこで利益をとれるので、
フロンントエンドは
思い切った値引きをしても問題ないのです。

バックエンドがないのに、
無意味に値引きをするのは、
集客効果はあっても、利益を圧迫します。

あなたのビジネスでは、
無意味な値引きはしていませんか?
もう一度、
商品構成を見直してみては、いかがでしょうか?

『売上アップ発想法』無料公開中!

売上アップ発想法

カテゴリー
最近の投稿
よく読まれている記事