売れるメニューの作り方②


前回売れるメニューを作るための考え方の話をしました。

今回はもう少し具体的にお話しします。

料理の見た目には、やはりこだわりましょう。
味ももちろん重要です。

でも、それはお店に来て、注文しないとわかりません。
つまり、お店に来たい、注文したいと思わせるメニューでないとダメということです。メニューのネーミングも大事です。それ以上に料理の見た目も大事ということです。


お客様が興味をひくような盛り付けを考えてみてください。
料理写真にもぜひこだわって、できればプロのカメラマンに撮影してもらってください。携帯カメラで撮影したものは、できれば避けてくださね。お客様もわかりますので。

また、お客様に提供する時に、 最後のひと仕上げをするのも効果があります。
例えば、お肉にソースをかけるなどですね。
そうすることで、シズル感が演出でき、 お客様の食欲を刺激します。 その時には、ぜひお客様に動画や写真を撮るのをオススメしてみてください。
口コミサイトに投稿してくれれば、ありがたい話です。

最近では、インスタ映えという言葉が流行っています。インスグラムに投稿するために、写真をキレイに撮る、あるいは、キレイなものを撮影するということですね。


もうすでにご自身のお店のインスタグラムを持っていて、活用されている方もいらっしゃると思います。
最近の携帯カメラはとても性能が良くて、キレイな写真が簡単に撮れます。また、お客様の方もキレイな写真を撮る方法をよく知っていて、私も教えてもらうことがあるくらいですw


お店側からの投稿も、もちろん効果的ですが、お客様が投稿してくれたものには、より信頼性があります。
お客様に撮りたい、投稿したいと思わせるような料理を1品は作ってみてください。

ある美食家で有名な方が、
「料理は味ではない。  お客さんは情報を食べているのだ」
と、言っていました。

ある意味その通りだと思います。
料理の価値を正しく伝えることは、 とても大事です。
そのための見た目と写真はもっと大事。画像は文章の数十倍効果的に情報を伝えると言います。
1品でいいので、お客様の目に訴えかけるような メニューを考えてみてください。

『売上アップ発想法』無料公開中!

売上アップ発想法

カテゴリー
最近の投稿
よく読まれている記事