初回来店動機はなに?


飲食店などのお店で、
よく初回来店動機という言葉を使います。

一番最初に何を見て、
そのお店に入ったかということですね。

表の看板だったり、チラシだったり。

看板

この五年くらいで、そのきっかけが
大きく変わっています。

五年前までは、初回来店動機のダントツ一位が、
「表の看板を見て」で、全体の70%位でした。

今では、「Webを見て」が一位です。
全体の40%以上です。

二位が、「表看板を見て」で、30%程です。

この割合は、今後どんどん差が
開いていくかもしれません。

それくらい、Web、口コミサイトの影響力は
強くなってます。

あなたにも、覚えがあると思います。

いつも、見る看板。
いざ、店を決める時には、
スマホでその店の検索をかけていませんか?

口コミ評価みますよね。

人は失敗をしたくないものです。
飲食店で、入店した後に、
失敗したと思っても、
すぐには出られませんからね。

厳しい時代だなと思う一方で、
これを逆手にとっているお店もあります。

わざと、わかりづらい路地裏に出店し、
Webと、口コミで集客しているのです。

路地裏だと、家賃も安くすみます。
その分、広告費にかけて、
口コミを広げています。

家賃は、一度決めたら変更するのは困難ですが、
広告費は変更がききます。
コントロールすることができます。

口コミをよくするためには、
お料理が美味しいことももちろんですが、
接客・サービス面の向上がかかせません。

そのお店も、過剰ではないにしても、
ホントに気分の良い、心地よい
接客をしています。

接客の仕方については、スタッフ間で話あって、
いろんなルールをきめているとか。
スタッフ間で、お客様に満足して頂く為に、
アイデアを出し合っているそうです。

その雰囲気も、お客様は感じとるんですね。

とても、良いお店です。

いきなり、路地裏に出店するのは怖いですが、
お客様にとって心地の良いサービスのあり方、
もう一度見直してみてはいかかでしょうか?

それが、リピーターを作り、
売上をあげる一番の近道かもしれません。

『売上アップ発想法』無料公開中!

売上アップ発想法

カテゴリー
最近の投稿
よく読まれている記事