繁盛店の12月の過ごし方


今日から、12月ですね。
忘年会シーズンの到来です。

飲食店の方々は、その準備に忙しくしていると思います。

年に一度の、売上最大化の時期。
確実に利益をとっていきたいですよね。

12月単月での売上も大事なんですが、
繁盛店では、もうすでに来年のことも考えているのをご存知ですか?

12月は、確かに毎日が忙しいです。
大変です。

居酒屋 女性

その日、その日をどう過ごすか、
無事に終えることができるかだけを
考えてしまいがちです。

でも、忙しくて、大変だからこそ
いつも以上にお客様をもてなすことに集中してください。

忘年会時期だからこそ、いろんなお客様が来店されます。

あなたのお店に、初めて来店するお客様も
たくさんいるはずです。

そのお客様が、来年のリピーターになってくれるかどうか。

これからの売上に大きく影響していきます。

もちろんお客様も、お店が忙しいのはわかっています。

特別なことをする必要はありません。

いつも通りのことを、いつも以上に丁寧に
早く行うことを心がけましょう。

スタッフ間のコミュニケーションの確認も行い、
お客様にご迷惑をかけないような準備をしましょう。

もしも、お客様にご迷惑をかけるようなことがあったら、
素直に、誠実に謝罪しましょう。

ミスが発生してしまったのは仕方のないこと。
お客様も、お店が忙しいのはわかっていますので、
ちゃんと謝罪すれば、わかってくれるはずです。

一番ダメなのは、面倒に巻き込まれるのを嫌って、
そのまま放置してしまうことです。

その場では、クレームにならなかったにしても
そのお客様は、もう二度とくることはないでしょう。

むしろその場で言っていただく方が、
謝罪の場をいただけるので、
ありがたいかもしれません。

そこで、お客様が会計の際に、あるいはお帰りの際に、
必ずかけて欲しい言葉があります。

それは、

「なにか、ご迷惑をおかけするようなことはございませんでしたか?」

特に、忙しくて、ご迷惑をかけてしまっている可能性が
高い時ほどお声かけしてください。

そこで、意見を本当に頂ければ、ありがたく受け止めましょう。
そう聞かれて、嫌な気分になるお客様はいません。

言いはしないけど、本当は文句があった。
と、いうお客様がいた場合、
最後の声かけをするだけで、
その嫌な気分を解消できる可能性もあります。

帰りにお客様が、いかに良い気分で帰っていただくか。
それでリピーターが増えるかどうかが決まります。

12月だからこそ、来月の、来年の売上を作ることを意識しましょう。

『売上アップ発想法』無料公開中!

売上アップ発想法

カテゴリー
最近の投稿
よく読まれている記事