ブログ集客「書けない」「ネタがない」がなくなる5つの方法


ブログが書けない
「ブログをはじめたものの
 なにを書いていいのかわからない…」
 
これは、ブログをやり始めた人が
抱える悩みの1つです。
 
普段、SNSで発信をしたり
文章を書くことがない方に多くみられます。
 
まずは毎日書いてみることです。
 
もし、どうしても難しいようのであれば、
一日置きでも構いません。
 
そうすると、週に3〜4日ですね。
 
「書く」「発信する」という習慣を
身につけることが大切です。
 
あとは、ほんの少し考え方を変えるだけで
「ブログが書けない」はなくなります。
 
書く習慣を身につけ
ネタに困ることがなくなる
5つの方法をご紹介しますね。
 

ブログで書くことに困らなくなる5つの方法

 

①完璧に書こうとしない

 
そもそも、最初からいい記事を書くほうが
無理な話なのです。
 
ブログのSEOとか、
正しいブログの書き方とか
いろんなノウハウがあると思います。
 
最初から、
全てのノウハウを使いこなして
完璧な記事を書くなんてできません。
 
もちろん、気にすべき書き方とか
やったほうがいいSEO対策はあります。
 
でも、それを気にしすぎて
発信できなくなるでは
本末転倒です。
 
とりあえず書いて、発信してください。
 
どんな書き方でも構いません。
 
徐々に良くしていけばいいし、
発信した記事を、後で修正することもできます。
 
一度、書いたものを修正することを
リライトをいいます。
 
むしろ、
記事はリライトしていったほうがいいのです。
 
検索で上位にでてくる記事でも
リライトされているものがあります。
 
そのほうがSEO的にもいいとされています。
 
なので、
記事の良し悪しは気にせずに
まずは、あなたの思うように書いて、
発信していきましょう。
 
 

②人に見せなくてもいい

 
「ん!?」
 
と、思った人もいるのではないでしょうか。
 
「記事を書くのは、
 人にみせるためじゃないの!?」
 
その通りなんですが、
ここで止まってしまう人もいます。
 
書いたものの、
アップして人に見られるのが怖いので
つい手がとまってしまう…
 
でしたら、見せなくてもいいんです。
 
フェイスブックでも「非公開」にすることができます。
そうすれば人には見られません。
 
ブログでも「非公開」や「下書き」に
することができます。
 
人に見られると思うから
書きづらくなるわけで、
そんな時は、公開しなければいいんです。
 
そのうちに、
良い記事が書けるようになったら
公開していけばいいのです。
 
また先ほどのように
書いたのもをリライトして、
公開できるようになったら、
公開すればいいのです。
 
誰にも見せなくてもいいので、
とりあえず書いてみるということを
続けてみてください。
 

③ビジネスのネタでなくてもいい

 
ブログに書くことは
あなたのビジネスに関することが多いでしょう。
 
でも、それだけでなくても構いません。
 
あなたの趣味や、
興味を持っていることでもいのです。
 
そちらの方が書きやすいはずです。
 
どこからか持ってきたネタ、
どこかで聞いたことあるようなネタよりも、
あなたの好きなことを書いていった方が
読者の共感を得ることができます。
 
ブログはメディアです。
テレビやラジオもメディア。
 
テレビ番組はどんな構成になってますか?
 
ニュースもあればバラエティもあるし、
歌番組やドキュメントもあります。
 
視聴者を飽きさせないために
たくさんの番組で構成されています。
 
ブログもおなじです。
 
固いビジネスのネタばかりでは、
読者は飽きてしまいます。
 
飽きさせないためにも
あなた自身の体験や楽しかったこと、
好きなこと、興味をもっていることを
自由に書いてみてください。
 
その方が、読んでもいる方も楽しくなるし、
ファンになりやすくなります。
 
あなたの楽しんでいる姿が伝わるのが
もっとも魅力的なブログです。
 
ネタに苦しんで書くよりも、
書くことを楽しんでください。
 

④人と話していることをネタにする

打合せ
ビジネス仲間と話しているときに、
どんどんとアイデアが湧いたり、
ひらめきがあったりすること、
ありませんか?
 
気持ちが楽なときや
盛り上がっているときには
考えなくても
どんどんと会話が生まれているはずです。
 
それを、メモしてください。
 
別に役に立つことや、
ためになることでなくても構いません。
 
どんな会話をしたかを
メモすればいいのです。
 
そこに必ずブログネタがあります。
 
また、クライアントとのセッションや
打ち合わせの内容も
必ずメモするようにしましょう。
 
そんなこと言われなくてもやってるよ!
 
と、言われてしまいそうですねw
 
でも、
人の話しはメモしているけど、
自分の話しまでメモしている人は少ないと思います。
 
クライアントから出た悩みや質問に対して、
あなたが回答した意見もメモしてください。
 
それが、見込み客の知りたいことであり、
それに対するあなたの回答だからです。
 
実体験に基づいた記事は、
とても説得力があります。
 
Youtubeで人が何かを体験している映像を
見てしまったことありませんか?
 
それまでは全く興味なかったことでも。
 
その映像がおもしろくて、
その人に興味をもちはじめたという経験
あると思います。
 
人は実体験談に惹かれるものです
 
難しいビジネスの話しよりも、
実体験に基づいた話しを書いてみてください。
 

⑤PCの前で悩まない

 
PCの前に座り、
さあ、今日はなにを書こう!
 
ところが全然でてこない…
 
こんな経験ありませんか!?
 
PCの前で考えても、なかなかいいネタ・
アイデアはでてこないですよ。!
 
ネタはPCの前に座る前に用意しておきましょう。
 
書くことを考える時間が無駄です。
 
ネタは常に用意しておく。
 
朝、ブログを書くのであれば、
前日には書くことを決めておく。
 
あとは文章化するだけ。
 
これができれば、
ブログに書くネタに困るということはありません。
 
ネタは、常に意識して用意するのです。
 
例えば、先ほどの仲間との会話からとか、
クライアントとのセッションからとか。
 
他にも、最近読んだ本で感じたことや、
何か困っていたけど、うまく解決できたことなど。
 
特別な体験をしたことは
ネタになりやすいですが、
 
そうでなくても
少し意識して日常生活を送るだけで、
たくさんのネタがでてきます。
 
意識をどこにむけるのかが
大切ということです。
 
人間の脳は、意識していないことや
興味のない情報は入ってこない
構造になっています。
 
つまり、
ネタになるものはたくさん溢れているのに
あなたが見逃しているのです。
 
いろんなことを意識して
常にネタを探索するようにしてください。
 
ビジネスに関する
いろんな気づきにも出会えると思います。
 

まとめ

 
ブログを書けないという人には
 
「何か特別なことを書かなくていけない」とか
「文章を書くのは苦手だから」と
思っていることが多いです。
 
特別である必要はありませんし、
文章を書くための特別なスキルは必要ありません。
 
あなたの実体験や考えを
まずは発信してみるといったところから
始めてみてください。
 
そうすれば、あなたに共感した人が
集まってくるようになります。
 
あとは、
ネガティブなことより、ポジティブなことを
書いてくださいね。
 
その方が読んでいる方も楽しくなります。
 
一番大切なのは、
あなた自身が書くことを楽しむことです。
 
楽しさが伝われば、
魅力的なブログになりますよ♪

『売上アップ発想法』無料公開中!

売上アップ発想法

カテゴリー
最近の投稿
よく読まれている記事