ブログ集客で効果的なキーワードを選ぶ3つの方法


気づき
 
あなたがブログで記事を書く際に、
狙いたいキーワードを決める時のヒントをご紹介します。
 
Google検索のアルゴリズムが変わり、
以前ほどキーワードによるSEO効果が
薄くなっているともいわています。
 
 
アルゴリズム」とは?
 
もともとはコンピューターのプログラムを作る時の用語。
問題を解決する時の手順・方法。
 
Googleアルゴリズムとは、
検索をおこなった際に、
検索結果としてどのWEBサイト・ページを
上位に表示するのかの仕組みのこと。
 
 
それでも、記事を書く前に見込み客が
検索しそうなキーワードを決めるべきです。
 
キーワードを決めるときの効果的な3つの方法をご紹介します。
 
 

ブログ集客でキーワードを決める3つの方法

 
 

①ミドルワードとスモールワードを使う

 
 
見込み客が『起業』について知りたいと思っていたなら、
 
キーワードは「起業」となるでしょう。
 
ただし、単一なワードや競合の多いワードでは
ライバルが非常に多く、上位検索を狙うのが難しいです。
 
こういったワードをビッグワードといいます。
 
いくつかのキーワードでの組合せで
上位を狙うようにしましょう。
 
このキーワードの組みわせのことを
ミドルワード」や「スモールワード」といます。
 
どこまでが「ミドル」で、どこからが「スモール」だという
明確な区分けはありません。
 
ビッグよりミドルの方が、ミドルよりスモールの方がより細分化され、
それを本当に求めている見込み客に検索されやすくなります。
 
見込み客も、悩みを解決したいと思ったときには、
いくつかのキーワードの組み合わせで検索をかけるはずです。
 
 
例えば、
 
ビッグワード⇨「カメラ」
ミドルワード⇨「カメラ」「撮影」
スモールワード⇨「カメラ」「撮影」「スポーツ」
 
 
これで「スポーツ撮影をしたくてカメラを探している人」にヒットします。
 
こういったキーワードの組み合わせであれば
じゅうぶん上位検索を狙うことができます。
 
店舗型ビジネスなどエリアが限定されている時には、
ワードの組合せにエリアをいれると効果的です。
 
 

②便利ツールをつかう

 
 
キーワードの組み合わせを検討するときの
使える便利なツールをご紹介します。
 
 

goodkeyword

 
「goodkeyword」は、キーワード選定をするときに
非常に便利に使えるサイトです。
 
Googleで、「グッドキーワード」と検索すると、
すぐにサイトを見つけることができます。
 
 
https://goodkeyword.net/
 
 
サイトに入ったら、キーワードの入力欄に入力してください。
 
 
goodkeyword
 
「起業」といれてみましょう。
 
 
goodkeyword2
 
すると、こんな画面になります。
確認すべきところは、3箇所です。
    
 
入力したキーワードの関連ワードの一覧
 
①と同じワードが表示されてます。そのままコピーするときに便利です
 
検索ボリューム
 
この3箇所をみて関連するワードから
タイトルに使うキーワードを決めたり、
記事の内容を考えてみてください。
 
 

キーワードプランナー

 
 
Googleが提供している、Google広告の運用ツールです。
 
有料広告を運用しなくても、
キーワードプランナーだけ無料で使うことができます。
 
先ほどのgoodkeywordとの併用することで、
キーワード選定に便利に使うことができます。
 
 
①goodkeywordの②の部分をこのままコピーしてください
②キーワードプランナーの画面を開きます
③赤枠内にそのままペーストします
 
 
プランナー
 
④ペーストしたら、開始をクリック
 
プランナー
 
⑤下記のような画面になります
 
 
プランナー3
 
ここでみるのは、「月間平均検索ボリューム」と「競合性」です。
ボリュームと競合性で適切なワードの組合せを選びましょう。
 
 
例えば、
 
「起業」「したい」「大学生」
 
などがいかがでしょう。
 
もちろん他の組み合わせで記事を考えても構いません。
 
こうやって、ワードを並べていくと、
そのまま記事のタイトルや内容をつくることもできます。
 
 
「起業したい大学生におすすめの方法」
 
 
いろいろなキーワードとの組み合わせを試してみてください。
 
 

Q&Aサイト

 
 
Yahoo知恵袋などのQ&Aサイトを活用してみましょう。
 
Q&Aサイト内で、あなたが狙うキーワードや
関連するワードでの検索をしてください。
 
それについての具体的な相談や、
他のユーザーからの解答例がでてきます。
 
どんな悩みがあるのか、またどんな回答が
「ベストアンサー」に選ばれているのかを見てください。
 
記事の内容を考えるのに役にたちます。
 
 

③お客さんに聞く

顧客への質問
 
記事の内容や、キーワード選定の際に、
最も効果的な方法がこれです。
 
もし、お客さんや他の方に聞ける場があるのなら、
聞いてみることを強くオススメします。
 
 
どんな悩みがあるのか
どんなことに不安や不平を感じるのか
 
 
またお客さんとの打ち合わせやセッションの場で出てきた質問や、
それに対してのあなたの回答もメモしておきましょう。
 
それが、最も見込み客が知りたいことで、
その回答をあなた自身が出しているわけです。
 
そのまま、記事としても使えますよ。
 
 

まとめ

 
ブログ集客におけるキーワードの選び方
3つの方法をご紹介しました。
 
ただし、効果的なキーワードが決まったら、
それだけで集客できるわけではありません。
 
 
重要なのは、やはり記事の中身です。
 
 
キーワードやタイトルに対して、
中身が伴っていなかったら、ユーザーは離れていきます。
 
 
離脱率が高くなったり、そのページの滞在時間が短いと
Googleはユーザーに求められていないページだと判断し、
検索順位に悪影響を及ぼしてしまいます。
 
 
キーワードだけではなく、中身もしっかりと作り込んでいくようにしましょう。

 

『売上アップ発想法』無料公開中!

売上アップ発想法

カテゴリー
最近の投稿
よく読まれている記事